2018年2月22日木曜日

TAMIYA NISSAN KING CAB Jr. (ボディ製作)

キングキャブのボディ製作を進めました! よせばいいのに、またムダなディティールアップをしたくなったのでヘッドライトをクリアパーツ化したいと思います。 ヘッドライト部分は極細のタガネとデザインナイフでくり抜き、ヤスリで形成します。両側で約1時間かかりました。。



クリアパーツはプラモのジャンク市で入手していたパーツのストックから奇跡的にほぼ大きさが同じもの見つけました!
ただし、取り付け部の内側の角に切りかけがあるので、現物合わせでパーツを形成してはめ込んでみました。
うーん、ぴったりはまりました。一気にリアリティが増しますが、こんなことしても世の中の99%の人には賛同は得られません。
LED仕込んで点灯させようかなぁ。

赤形成色から白塗装する前の下地にグレーサーフェイサーを吹きました。

最初はヘッドライトだけにしようかと思いましたが、リアのテールランプ部分もくりぬいてしまいました。





ホワイトを全体に塗装します。荷台の凹凸などもあるので塗料が回り込みやすいエアブラシで塗装しています。塗料は隠ぺい力の高いクレオスのクールホワイトを使用しました。

マスキング処理して赤を塗装します。余ってたタミヤのスプレー缶を使いました。
冬場はカンを暖めてガス圧をあげるようにしています。

マスキングテープを剥がすと塗り分けができました、ちょっとはみ出しもありますが、乾燥後に修正したと思います。

ブルーの塗装が残ってますが、今日はここまで。

2018年2月11日日曜日

TAMIYA CAM PROGRAM ROBOT (タミヤ カム プログラムロボット)

近年盛り上がりつつあるプログラミング市場に投入したタミヤのロボットキット。
昨年発売されてから気になってたんですが、ようやく入手してみました。

箱の中身はパーツがぎっしり。

製作過程なしで、いきなりの完成。。
意外と組立がたいへんで画像撮るの忘れてしまい、製作に2時間ぐらいかかりました。
なんともステレオタイプなロボットらしいたたずまい。
アスタくんと命名します!


このロボット、どこにプログラミング的要素があるのかいうと、前から差し込むレールに秘密があります。


レールにはギアが刻まれていて走行運動と同時にレールが引き込まれていきます。

レールには穴が空いていてブロック状のカムパーツを差し込むことができます。
じつはこのカムが キャタピラの前進動作を制御するきっかけになります。
カムが制御部分にあたるとレバーが下がり、ブレーキがかかる仕組みです。
(ロボットの動き方にはAタイプ、Bタイプが用意されていますが今回はAタイプで組み立てました)
ブレーキがかからない方のキャタピラは動いたままになるので、その間は旋回することになります。(カムが無い部分は直進することになります)
レール上のカムは右側と左側に別れて挿すことができます。この違いで直進、右旋回、左旋回を設定できます。
通常プログラミングと言えばコンピューターが必要と思いがちですが、このようにモノの形状からもプログラミングができるという面白い考え方です。 非常にタミヤらしい製品ですねぇ。

さっそくできあがったアスタくんをテスト走行(レールなしで前進のみ)させてみたのですが、なぜかまっすぐ進みません。。


組立説明書に記載された微調整を試したり、パーツを組み直しても変化無し。
どうしたものかと、ぼんやりと動いているギアボックスを眺めているとあることに気がつきました。
「左右のキャタピラの回る速度が微妙に違っている。。」
このままではキャタピラの動く速度が遅い方向に曲がることになります。
動作の違い検証してみると、ギアボックスの問題ではなく左右のモーターの速度に個体差があることがわかりました。
同じ仕様のモーターですが、どちらかが規定より「速い」または「遅い」状態にあるようです。


解決にはモーターを換えるしかありませんが、念のためタミヤのカスタマーセンターに相談してみたところ、すぐに代わりのモーターを送っていただけることになりました。
いやー、タミヤカスタマーセンターのレスポンスの良さと的確さにはいつも頭が下がります!
届いたら交換して再検証してみたいと思います。

しかし、ミニ四駆をやる者にとっては実際にモーターの速度に個体差があることがわかって複雑な心境なのでした。。

2018年2月7日水曜日

TAMIYA NISSAN KING CAB Jr.

タミヤ ニッサン キングキャブJr. 作ります! じつは販売用に仕入れていたのですが、見ているうちに懐かしさに惹かれてしまいました。
このワイルドミニ四駆シリーズ 40代の方々なら作った事ある人は多いのではないでしょうか?

中身を確認。パーツ点数は少ないです。
ボディ形成色が赤なので、ボックスアートのようにちゃんと作ろうと思ったら、最初に全体を白で塗装してから赤、青と塗り分けが必要です。
いやー、かなりめんどくさい。。
ですが、アスタベース所長としてはしっかり塗装しようと思います。

で、ひとまず塗装無しでさくっと組み上げました。20分ぐらいでできます。


 うーん、このタイヤのサイズ感がやっぱりイカす!
さっそく店舗内で試走させていたのですが、しばらくしたらギアボックスからギャー、という異音がなりだしました。

小石でも挟まったかと思い、ギアボックス内をチェックしてみても異常はなし。
しかし、何度組み直しても異音は収まらない。
あきらめずにいろいろ検証してみたところ、どうやら灰色のスパーギアのがたつきが原因とわかりました。 そこで、スパーギアの軸受けの部分に極薄のシムを挟んでみたら、何事も無かったかのようにスムーズにギアがまわるようになりました。





ギアの形成不良か金型の劣化かはわかりませんが、ここの部分は予めシムを用意しておいてほしいものですね。
ワイルドミニ四駆シリーズで同じトラブルのあるかたは対策してみてください。

さて、塗装用のサフを用意しますか。。


2018年1月31日水曜日

TAMIYA BIGWIG RS 完成しました。

前回の記事(2017年4月)から間をあけていきなりの完成!
塗装がめんどうで合間に少しづつ作ってました。。

カウルのサイド部分のホワイトはシールを使わずに塗装しています。
ルーフのシルバーも塗装です。
このキットの難点はロールバー、エアインテーク、ダンパーといった部分を青の形成色からイエローに塗らなければならないところです。
キレイに黄色を出すにはグレーサーフェイサー→ホワイト→イエローという手間が必要があるので、ちゃんと仕上げたい場合はやや敷居が高くなります。(まず小学生にはむりかな)
でもここをやらないとBIGWIGではなくなってしまうので、大人はちゃんと塗りましょう。
(ドライバー氏もね)

キット付属のタイヤはスリックタイヤですが、やはりBIGWIGにはスパイクタイヤが似合いますねぇ。(スパイクタイヤ要らない人と交換してもらいました)

 観賞用であればオプションパーツでごてごてにせずに、ローラーだけのシンプルな構成にしたいところです。


そして、やってみたかったBIGWIGの親子ショットが実現しました!
由良拓也デザインのエアロダイナミックボディ。
よく見ると変なかたちだけど、かっこいいんですよねぇ。


完成してさっそく、asta*base主催のノーマルモーター選手権(タイムアタック)にエントリーするために実戦仕様に改造してみました。
タイヤはローハイトのスリックタイヤ、ホイールはもとのRCっぽく白のディッシュタイプ。前後ベアリングローラーに少し大きめのスタビライザーをつけています。
ドライブシャフトの受けに620スチールベアリングもいれて万全の体制です! (店長自ら優勝目指して良いのか?)


これを機にRCモデルのミニ四駆RS(レーサースタイル)シリーズを集めてしまいそうでこわいです。。

2018年1月24日水曜日

博物的ラジコン MARCH 782 BMW F-2 が入庫

ラジコン仲間のSさんが博物的ラジコンをレスキューしてきました!
調べてみると タミヤのマーチ782 というレーシングカーで発売年度が1979年(今から39年前)ですから、なかなかのビンテージマシンです。
モデルもポピュラーなF1ではなくF2のマシンでマニアックですねぇ。

ボディは形成色のままステッカーを貼った状態ですが、日焼けも少なく保存状態は良好です。BMWワークスカラーのストライプがちょこちょこ剥がれかけてますが、これも味ですね。ドライバーやエンジン部分もちゃんと塗り分け塗装されていて素晴らしいです。


内部を見てみると、またこれが興味深い。
スピードコントローラーは今時のアンプ式スピコンとは異なる巻線抵抗式(無段階変則スイッチ)です。
サーボで巻き線上の接点を滑らせてモーター出力の電圧を調整する方式です。
ステアリングサーボとスピコン、受信機の電力は乾電池で動作し、モーター出力とは別電源になっています。メカ類もサビ等はなく、キレイなので動きそうです。

足まわりにはダンパーの類は無く、車高もかなり低いです。均されたアスファルトでしか走らせられないですねぇ。

  

モーターは小ぶりな380モーターです。駆動部分はピニオン直結のダイレクトドライブですが、スパーギア内にデフ機能が組み込まれています。
前輪のスポンジタイヤは劣化が激しくグリップしませんが後輪の中空ゴムタイヤは張りもあって使えそう。タイヤは現行品で代わりに使えるものがないか探してみたいと思います。

裏面はアルミのフレームでタミヤのロゴが入ってます。傷も少ないのであまり走らせていなかったようです。

このビンテージマシン、近日中に整備して走らせてみたいと思います!

2018年1月14日日曜日

レトロなBluetoothスピーカーを作ってみた。

古民家に引っ越して早一年。古い家で気軽に音楽やラジオを聞くのにちょうど良い感じで雰囲気のあるBluetoothスピーカーを探してたんですが、これがなかなか無い。 じゃぁ、木でスピーカー作ってみようとかとも思いましたが、それだとまぁありふれてはいる。
ある時、昔のでかくて格好いいラジカセをBluetoothスピーカーとしてリメイクしたら面白いかも? とひらめいたので実践してみました!

用意したもの
・buletoothのレシーバーアンプユニット TDA7492P (amazonで入手)
・ACアダプタ 12V 2A
・電源スイッチ(延長用 オルタネート)
・赤色 LED(抵抗内蔵 12V用)
・ウォームホワイト色 LED (抵抗内蔵 12V用)
*buletoothレシーバーアンプユニット以外の部品は秋月電気の通販で入手。


ガワとなるラジカセはスピーカーがデカくてごついデザインのものを選んでヤフオクで入手しました。
東芝製のRT-8300S 通称(BOMBEAT 7)という製品で1970年代後半に発売されたようです。いまからなんと40年ぐらい前の製品!
たしかに私が小学生ぐらいの時にうちにもこんな感じのラジカセがありましたねぇ。


分解して中身をチェックしてみたところAMラジオの機能以外はすべて死んでいました。
この製品が作られた時代はまだ基盤への部品実装も手作業で行われていたことがよくわかります。


スピーカーは東芝自社製で12cmの立派なものがついています。


電源の入力はAC100V(内部にAC-DCトランスあり)とDC 12Vの口がありました。
本体のみのジャンク品だったので、手持ちのDC12V(2A)のACアダプタで入力電源をとることにします。


Bluetoothスピーカーの心臓部分となるユニット。
この小ささでBluetooth通信の受信とオーディオアンプを兼ねています。技術の進歩を感じます。
基板上には電源スイッチ、音量調節ボタン、曲のスキップ、バックボタン、スピーカーターミナルが配置されています。


結局のところラジカセで使うのは筐体とスピーカーだけなので、ユニットを内部に組み込んで接続するだけです。ユニット上のボタンで初期の音量等を設定することがあるので、外からもアクセス可能な電池ボックス内に配置しておきます。
Bluetoothレシーバーユニットの電源スイッチはさりげなく筐体上部に新造配置します。

ステレオインジケーター部分に赤色LEDを組み込んで稼働中のパイロットランプとして利用します。
また、レベルメーターも機能はしませんが、ウォーム色LEDをとりつけて雰囲気アップをねらいます。

念のためスピーカーを外してチェックしてみたら右側のスピーカーのコーンに破れあったので、マスキングテープとグルーガンで修復、補強しました。

 筐体を元のように閉じて、iPhoneからペアンリングしてテストするとあっさり音がなりました。音質はラジカセらしく中音域にパンチがあって元気な音がします。アンプの性能も予想以上に良い感じです。

さっそくAmazon Musicで70年代、80年代の曲を流してみたところ、感動的にこのスピーカーのみてくれにマッチします!懐かしさも倍増です。

それじゃぁ今時の曲があわないのかと思ったら、そんなこともなく今度は風貌とのギャップが楽しいのです。(試しにDaft Pankを聞いたら思いの外合うのです!)
 

決してピュアオーディオではないのですが、いろんな曲をこのスピーカーで聴いてみたくなります。radikoで全国のラジオだって楽しめます。これはまさにファンオーディオ。(量産して販売しようかな。。)
 
ともかく、最初の希望であった古民家にあうレトロなBuletoothスピーカーができて大満足なのでした〜。


2017年12月9日土曜日

タミヤ グラスホッパー アスタベースカスタム (走行編)

グラスホッパー アスタベースカスタムをレイアウト変更したマイダートコースで走らせてみました!


35TのCRチューンモーターなので速くはないのですが、グラスホッパーの特徴であるリジッドアクスルの挙動が不安定なのでざつに操作すると曲がれなくなります。意外に慎重なスロットルワークが必要になり、じゃじゃ馬を乗りこなす感覚でこの速度でも十分楽しいです。


この速すぎず、遅すぎないスピード。初心者がRCを購入して組み立てて、いきなりオーバースピードでクルマをこわしてモチベーション下げるより、スキルアップに繋がるので良いかもしれません。
グラホ+CRチューンモーターの組合せ、是非ともお試しください!