2017年10月24日火曜日

タミヤ ホーネットの改良 #2 (リジッドアクスルの調整)

ホーネット最大の特徴とも言えるローリングリジッドアクスル。
平らなところではそれほど気にならないですが、起伏のあるところではピョコピョコとリアが跳ねてしまいます。また、静止状態からのスタート時もアクセルを入れるとカックンと沈み込む感覚があります。

*以前に公園で走らせた様子

これらがホーネットの”味”であることも間違いないのですが、もう少し快適に走らせてみたい!
それで、このピョコピョコの原因はどこにあるのかと考えてみると、リジッドアクスルを支える軸部のバネ(ねじりばね)が弱すぎるんじゃないかと思います。
リアのダンパーをオイルダンパーに換えても、ダンパーが効く前に支持部が沈んで腰砕けの状態になっている。

改良するにしても、ホーネットの”味”であるローリングリジッドの機構は消したくないので、基部のバネを補強する方法を取ってみます。

補強はいろいろな手段があると思いますが、今回は手持ちで使ってないM-06用のスタビライザーを利用します。
シャーシ後方の両脇に上からのネジ穴がありますが、底を下からドリルで穴を開けてスタビライザーを通します。スタビライザーは少し角度を曲げて調整するだけできれいに収まります。(カットする加工は不要です)

スタビライザーの下に配置するようにアクスル部を取り付けるだけの簡単作業です。
スタビライザーを通した穴は上からタッピングネジで閉じておきます。
(ネジを締めるとスタビライザーの効きを強くできます)

横から見たところ。スタビライザーが横方向にスライドしてちょうど良いテンションでアクスルを抑えています。(滑りをよくするために少しグリスを塗っておきました)
また、アクスル基部は完全に固定されるわけではないので、ローリングリジッドの機構も活かしています。

スタビライザー付きサスペンションの動きを動画で撮ってみました。
スタビライザーとダンパーが良い感じで動いています。


リアのタイヤも新品に履き替えてリアの改良も完了です。

ボディもボロボロになっているので新調します。
さて、どんなカラーリングにしようかな。

2017年10月23日月曜日

タミヤ ホーネットの改良 #1 (フロントワイド化)

先日ラジコン友達Sさんのホーネットを走らせてもらい、面白さを再認識しました。
自分のホーネットで久々に走らせようと思って車体をチェックしてみたら、シャーシが完全に割れていました。(ダンパーステーの付け根)少し強度が足りない部分が度重なる衝突でやられてしまったようです。

裏面を見てみると、サスアームも歪んでいます。

いずれのパーツも修復は不可能なので、パーツを取り寄せて交換する事にしました。
紫フレームはJUN WATANABE仕様の限定色ですが、タミヤカスタマーセンターから入手できました。

そのままリペアするのも面白くないので、以前からやってみたかったフロントトレッドの拡張を試してみます。CW-01用のアップライトを取り寄せました。

車軸に5mmのアルミスペーサーを2個挟みます。片側で10mm(両幅で20mm)のワイド化になります。

タイヤを取り付けて作業完了です。けっこう印象が変わりますね。(この幅で京商スコーピオンと同じぐらい)
これで安定性が向上してくれれがいいのですが。

きょうはここまで。

2017年10月15日日曜日

第2回 京商ビンテージバギーミートに参加してきた。

1週間前の話題ですが、10/8に長野県にて開催された第2回 京商ビンテージバギーミートに参加してきました!
うち(山口県萩)からは遠方なので、前日の夜20時ごろから車で出発して、休憩しながら当日到着したのは朝の9:30。(片道約850km)
天候は前回とほぼ同じの小雨からの曇り空。

 休む間もなくさっそく受付をすませて、フリー走行の準備をしました。
ピットスペースのある場内には京商ビンテージシリーズが展示してました。
もちろん、近日発売予定のジャベリンも!
ビンテージシリーズ開発の粉川のブースではオプションカラーを組み合わせた車体もありました。


ピットの様子。ずらりとならんだマシン達。うーんかっこいいですねぇ。

コンデレも開催。
相変わらずかっこよい車体をつくられるROLLさんのターボスコーピオンとワイルドワン。 (ターボスコーピオンは今回のコンデレ賞を受賞されました)

一応わたくしのBIGWIGも陳列させていただきました。。お隣の方のビートルの配色がすばらしく美しかった。(マスキングで塗り分けたそうです)

 なかなかお目にかかれないレアな車体を干渉できるのもこのイベントの魅力。

準備ができたらさっそく表の特設会場でフリー走行です。
先ずはマイビートルで参加。
高低のある芝生なので2WDよりも4WDの方が向いている感じでした。

今回は息子も連れて行ってたので、混じらせてもらいました。

お昼はもう一つの楽しみのBBQ。スタッフに焼いていただけるので食べるだけという贅沢。お肉も美味しかったです!

今回はビートル、ブラット、ビッグウィッグの3台を持ち込みましたが、走行しているうちにビートルはアップライトのターンバックル脱落、ブラットはリアのダンパーステー骨折(またかよ。。)で通常走行不能になりビッグウィッグばかり走行させてました。
ビッグウィッグはコースにマッチしていたようで思いの外よく走り、楽しめました。

あっという間に16時になり閉会の時間。
30台オーバーのパレードランは圧巻でした。


本当に楽しい時間を作ってくれて、京商さんありがとうございました!
来年も参加できるかな?

2017年9月11日月曜日

RCジャンプボード作ってみた。

移住してから手軽に近くの公園でラジコンを走らせることができるようになっただけでも幸せなことなんですが、(首都圏はラジコン禁止の管理公園、河川敷が多い)慣れてくるとやっぱり平坦なことろばかりだとちょっと物足りなくなってくるのが人間というもの。

RCバギーはやっぱりジャンプしたいよね〜ってことでジャンプボードをDIY試作してみました。
ジャンプ台といっても色々作り方はありますが、せっかく作るんだからこだわってみました。
・大きすぎず、重過ぎず持ち運びができる。
・両側からジャンプできる。
・設置がかんたん。
という条件を設定して折りたたみ式を考案してみました。

で、できたのがこちら。
蝶番で折りたたみ式して立て掛けられるようになっています。






開いて留め金で固定するとジャンプボードのできあがり。



一連の動きを動画で。


芝生公園でBIGWIGを走らせてみました。

実際に飛ばしてみてがたつきもなく良い感じです。コンパクトで車の積み込みも楽ちんです。

やはりバギーはジャンプさせると数倍面白く遊べます。
片方だけでなく両側から飛べるようにしたのは正解でした。
しかしながら、スピードを出しながらジャンプボードに載せる操作がなかなか難しい。。
もうひとつ作って横に連結して幅を広げると良いかもしれません。

2017年9月2日土曜日

京商 ビートル (2014) フロントワイド化

ターボスコーピオン用のフロントアームシャフトと交換してワイド化しました。
両側8mm程度広がりました。  

ワイド化すると元のステアリングシャフトでは長さが足りなくなってしまうので、先日京商のオンラインショップセールで買っておいたターンバックルシャフトと交換しました。
 
ぱっと見はあまり変化は感じられませんね。走ってみて違いがわかるのだろうか?
ついでに前後のダンパーのオイル交換も行い、ボディもきれいにしました。

そういえば、京商さん主催のビンテージバギーミート 第二回が開催されるようです!
去年参加して楽しかったんですよねぇ。(BBQも思いっきり食べられます)信州は遠くなってしまいましたが、何とか参加できるように調整したいと思っています。(たぶん発売予定のジャベリンも見られるんじゃないかなぁ)

すでにエントリー受付開始しています。
第2回 ビンテージバギーミート
http://www.kyosho.com/rc/ja/race/presently/vintage_buggy_meet/index.html

去年の走行会の様子 (天気は良くなかったです)



2017年8月26日土曜日

TAMIYA SUBARU BRATのアップライト そして。。。

車軸の抜けたアップライト、交換部品取り寄せはけっこう費用もかかる(リアサスアーム交換したばかりだし)ので修理する事にしました。単に接着剤つけて差し込み直してもすぐに取れてしまうので、軸部分に対して垂直にネジを挿して強化します。

まずは軸をさしてドリルで穴をあけます。1mm程度のドリルで下穴を開けた後、2mmのドリルで軸受け、車軸を貫通するように穴をあけます。

想定より大きな穴になってしまいました。

穴の部分にポリパテを少し埋めてビスを埋め込みます。乾いたら、さらに上から瞬間接着剤で補強しておきます。これでちょっとやそっとでは抜け取れることはないと思います。

アップライトを組み込んで修復完了です!

さっそくマイダートコースで走らせてみたところ、数周周回したところで修理した方とは反対のアップライトからタイヤがコロコロともげました。。(動画撮影してました)

全く同じように車軸が抜け取れています。

このシャーシ、やれやれだぜ。。
タミヤ ブラット記事まとめ http://yukinov.blogspot.jp/search/label/BRAT

2017年8月12日土曜日

TAMIYA SUBARU BRATのアップライト

ブラットを走らせていたら、コーナー前輪のタイヤが外れてコロコロと転がっていきました。 ホイールの固定ナットが緩んだのかと思ったら、アップライトの車軸ごと抜けています。 調べてみるとけっこう事例があるみたいです。 リアサスの折れも含めてフロッグシャーシって脆すぎる。。といっても34年前の設計だから仕方がないのかなぁ。